インディゴのみはおススメしません。

インディゴ

 

天然インディゴも天然ヘナも収穫時期やシーズンによる気温や雨量など自然の環境で品質は変わってきます。それは紅茶でも同じように言えます。どこどこ産(ソジャット)と言ってもそのシーズンの環境によって変わります。それが自然、天然物である以上どうしようもありません。

天然インディゴにおいては、収穫時期だけでなく栽培方法によって品が変わります。

栽培方法→収穫→乾燥工程に入るのですがインディゴの色素の元であるインディカンは生葉の乾燥方法にもコツがあるため、乾燥工程で色素が壊れたものは染まりません。

 

話しは戻って、インディゴ単品はおススメしません。ですが、美容師さんがサロンうとかヘナの上級者さんなら使いこなせると思いますが、

・インディゴは髪に馴染みにくい。

・水が垂れてきやす。色が安定して出てこない。

・天然インディゴが染まらない原因

 

なのでインディゴ単品というよりかは、既にインディゴとヘナを混ぜてある商品の方が染まりは良いし塗りやすくなっています。

 

インディゴ単品はヘナの後、二度目にインディゴ単品で塗るとしっかり染まります。

しっかり染まるんですが、しっかり染まり過ぎるという考えもあります。

二度染めの時もインディゴ単品よりかソフトブラックなど既にインディゴをミックスしてある商品のほうが塗りやすいし色も読みやすいです。

 

インディゴを80%混ぜたソフトブラック

インディゴを60%混ぜたナチュラルブラウン

インディゴを40%混ぜたレッドオレンジ

 

3種があります。どれも扱い方は同じです。

作り置き(寝かせ)はできません。塗る前に混ぜて下さい。お湯は40~60度までのお湯で溶いてください。40度程度がベターです。

(熱すぎると色素が壊れてしまう恐れがあります)

私はお湯が面倒なので冬場以外は水で溶いてますが、問題なく染まっています。

塗布した時に頭皮が冷たくならないギリギリの温度で混ぜる必要があります。

 

インディゴ塗布後の放置時間はインディゴミックスの商品も含め3時間程度がベストになります。それ以上放置してしまうと、インディゴの染まりにムラができることがあります。

 

タイトルとURLをコピーしました