ヘナと水の混ぜ方

ヘナで染める手順

ヘナの溶き方ですが、ヘナのグラムに対してお湯または水を3~4倍で混ぜます。私のサロンでは3.5倍のお湯で混ぜて使っています。例えばヘナ50グラムに対してお湯または水が150㏄~200㏄になります。3.5倍ですと175㏄になりますが、ぴったりにこだわることはありません。要するに3倍より水が少ないと硬くて付けにくい。4倍以上だと塗布中にヘナが飛び散りやすくなるし、頭からヘナが垂れ流れてきます。

 

●ヘナをボウルに入れてお湯または水を一気にボウルに混ぜて、マドラーで溶かしていきます。

 

多少のダマが残っていても塗布している時に馴染んできますので問題ありません。

下の写真のようにマドラーからヘナが落ちない場合は、まだ少し硬いのでお湯または水を少し足してください。

 

これくらいだと付けやすいです。ヘナがマドラーに残らずほぼ全て落下する場合は水の量が多のでヘナを少し足してください。

 

ヘアカラーと違って天然100%のヘナは時間を置きすぎても問題ないです(長い方が良い)し、水の多少の多い少ないでは染まりも変わりません。重要なのはヘナを頭にたっぷりと付けて下さい。

 

タイトルとURLをコピーしました