ヘナの置き時間は何時間

HENNA

天然100%のヘナについてですが、ヘナの色が付くのは基本10分でも染まります。ヘナを付けているときに手や指または首などについたら色が付きますよね。

ヘナの色素が染まる仕組みは、ヘナの色素はたんぱく質やイオン(+や-の結合)がある素材に着色します。

髪や身体のヘナタトゥーとしてヘナが着色するのは角質に着色していきます。なのでより角質(皮膚)の厚い部分ほどより着色していきます。厚い部分ほどより着色を言いかえると皮膚が厚いほど深く(濃く見える)着色していきます。ヘナタトゥーでも皮膚の厚い箇所の方がより濃く入り持ちも良いでしょう。

 

髪に対してですが、深く染まるとブラウンよりのオレンジに浅いと鮮やかなオレンジから薄いオレンジ色に染まったように見えます。

 

髪の場合はシャンプー剤をはじめケア剤などに入っているシリコーンやその他の何かが髪の表面に付いていると髪に染まる邪魔をします。これも言いかえると、髪に着色していく前に髪の表面に付いているシリコーンや何かが先に着色していき、本来の髪に着色していくには時間がさらに掛かってしまいます。

 

こういう場合が多いので2~3時間以上おくと綺麗に色が着色しますと言っている分けです。

 

髪に何も付いていない状態でヘナを染めると45分くらいで良いヘナ色に着色しますよ。ただしセルフではなく、美容師が素早く丁寧に塗った時ですけどね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました