ヘナ染めにはヘアオイルが必要ですか

ヘナで染める手順

 

ヘナにオイルを混ぜて使うという方法がありますが、私の考えでは、基本的に一石二鳥を狙うより、それぞれの純粋な効果や特徴をを発揮させる方が良いのではと思います。


ダメージヘアには毛先中心に付けて、頭皮が気になる方は頭皮に付けてその後ヘナを塗布します。オイルの量が多いとヘナの定着が阻害されてしまいます。理想はヘナ後にヘアオイルを使うのがそれぞれの効果が最大限に発揮できると思います。

ヘナ染めはダメージが大きな髪ほどキシミが出ます。こういったキシミが出やすい髪のヘナの放置時間を長く置くとヘナの持っている油分も出てくるのでキシミは改善されます。または事前に髪にオイルを付けておきます。

 

頭皮を目的にヘアオイルを使う場合は、ヘナ染め1時間前を目途に事前にオイルを頭皮に付けておいてください。ヘッドマッサージはしなくても大丈夫ですが、マッサージをする場合は優しく行ってください。その後はオイルを洗い流さずに、ヘナの塗布に入ってください。

 

オイルの種類ですがオリーブオイル、ホホバオイル、ココナッツオイル、ツバキ油、セサミオイルが定番でそれに付け加えハイビス花カスエキスなどが良いでしょう。

中でも最も人体の皮膚組織と成分が似ていて低刺激性なのがホホバオイルですので、特に枝毛や切れ毛、髪のパサつきが気になる方は、まずはホホバオイルまたはオリーブオイルが使いやすいでしょう。

またセサミオイルはアーユルヴェータで定番のオイルでもあり、毛穴から毛細血管の中に入り、体の隅々に浸透して活性酸素を抑える働きもあります。
毛穴の汚れを取り除き、養毛と保湿効果を持ち合わせた抗酸化作用の強いオイルですか少し重たい感じです。

 

オイルの使用量は髪のぱさつき具合や髪の長さまたはオイルの種類によって違いますが、ショートヘアの方では小スプーン一杯程度が目安、ロングヘアの方では、髪全体にしっかりと行き渡る分量のオイルを使用してください。

 

ちなみに、インドでもシャンプーの種類はかなりたくさんあります。しかしリンスやコンディショナー、トリートメントはあまり充実していません。充実していないというよりか、まだまだそれらはぜいたく品になります。GST(Good Service Tax)の率もシャンプーに比べて高いんです。

なので髪にはオイルを付けることが多いです。高い理由だけでなく昔から言い伝えが続いていて髪にはヘアオイルが一番良いという認識が強いです。抜け毛が増えだしてもそれようのオイルを頭皮に付けています。男女とも髪が結構ベタベタになっているインド人は多いですよ。

なのでヘナ前だからと言ってあえてオイルは付けません。

タイトルとURLをコピーしました