香草カラーや漢方カラーはジアミンアレルギーの方は避けてください

白髪

 

お客様からの質問で「私は日本でコウソ・カラーをやってもらってたんですが、ここでもやってもらえますか?」というご質問でした。

インドの薬剤は信用ならない(ロレアルやウエラなども偽造品がでまわってます・・)から薬剤は日本からハンドキャリーで持ってきた物をサロンでは使用していますが、薬剤は重たいのであれこれ運べず、種類を限定して運んできてます。

 

話しは戻してコウソ・カラーって酵素カラー?なんて思ってましたが、色々調べてみると【香草カラー】と判明。

香草カラーって名前からのイメージだと、ヘナのように天然の草木で染めるように思いますが、これってヘアカラーと同じ化学染料が配合されています。

天然色素のみで髪の毛を着色できて持ちが良いのは、今のところヘナとインディゴ以外にありません。

 

他にも漢方カラーなどと呼ぶ物もあって、ハーブや漢方などと書かれていますが、

髪の毛を染める色素は、ヘナやインディゴのように純粋に植物から取れる色素ではなく、これらのどれもが酸化染料という人工染料が配合されたカラーで、いわゆるヘアダイ(毛染め)に入っている色素となんら変わりはありません。

違う点はヘアカラーのように2剤は使わないので、2剤の過酸化水素水による髪のダメージは軽減されるとは思いますが、色素は人口染料であることには違いありません。

 

酸化染料の代表として使われるジアミンという染料は、旧指定成分に指定されておりアレルギー等を誘発する恐れがあると注意喚起されています。

※指定成分とは?アレルギー・皮膚障害・発がん性の可能性のある高い毒性が認められたもの

 

しかも酸化染料の量においてはヘアカラー剤に含まれる量より多く配合されています。2剤の過酸化水素を使わず反応させるわけですから反応自体は低刺激になりますが、その分1剤の色素の割合を増やしている分けです。

なのでジアミンアレルギーの方に使ってしまうと大変なことになります・・・

特にヘナで染めをされる方は、化学染料や毛髪ダメージを気にされる方もいらっしゃいますから名前からのイメージだけで左右されずに配合成分をご確認ください。

酸化染料(ジアミン)でトラブルのある方は、香草や漢方カラーなどは、絶対に避けて下さい。

 

タイトルとURLをコピーしました