TBS系の番組に取材されました。

取材

インドで美容室を開業してからテレビ出演のための収録が今回で4本面でした。

依頼が来るのはその倍数はあるのですが、お断りもさせて頂いております。

インドで日系初の美容院を50歳になってから設立させて、現在も現役美容師であることがネタになるんでしょうかね・・・。

 

だいたいの以来のパターンだけど、

最初はブログを見て・・・

oo系のoo番組のアンケートがいきなり来て、答える。

通過すると

さらに質疑応答をメールで答える

それに通過すると

電話で話す。

それに通過すると

その番組のディレクター会議にかける

通過すると

その番組を担当するディレクターから直接メールで質疑応答

その後電話で質疑応答

取材日は・・・

 

という流れがほとんどだが、

 

最初のメールですが、当然採用不採用があるので番組側は決定しないままの質疑応答になるので、対応が各社まちまち。

酷いのになると、私が番組出演をお願いした分けでもないのに、先方からいきなりメールが来て、『テレビ出演させてあげるかも分からないので質問に答えて下さい』と上から目線で言われることも少なくない。

こういう場合はお断りさせて頂いています。

テレビの収録って実はけっこう疲れるんです。

45分以内の番組で収録日が丸一日から12日間くらい。

あらゆる素材として収録していくので、朝の起床から寝付くまで、何度も同じ質問にお答えしたり、やり直しも多くある。

直接テレビ番組のディレクターさんだったり、制作会社のディレクターさんだったり、現地のコーディネーターさんとカメラマンの2人で撮影に撮りかかる。

やはり、人対人=ハート対ハートで収録された場合は番組の仕上がりが私の目から見て良い仕上がりになっていると思うが、『事をこなす』で収録を終えた方のは、あまり見たくない仕上がりになっていました。

 

基本手には編集には一切たち入れないので、実際オンエアーされないと私にもどんな仕上がりになっているか分からない。

一番初めの番組では約1週間の収録で相当疲れたので、その後出演依頼が来てもしばらくお断りしていたんですが、日本人美容師を募集したいと思いそれも可能かと確認したところokをもらったので2本目の出演を請け負った。

結果は美容師呼びかけの部分は編集でカットされていた・・・が、まー良い。

3本目はこれからインド駐在される方に、インド(デリー界隈)には日系の美容室がありますよ。とお知らせ出来ると思い出演。

 

今回の4本目は、インドで住んでいる人しか分からないインド事情があるので、本当に化学染料が入っていないヘナを自分の目で確かめた製品を日本に送りたい。というメッセージを伝えたいために収録を請け負った。

しかし、実際オンエアされてみないと,今回もどの様に仕上がるのか分かりませんけどね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました