HENNA

HENNA

はじめてのヘナ ヘナの置き時間は

ケミカル染料が全く入ってないヘナで最低1時間。それ以上置いても大丈夫です。 1時間以内でOKなヘナは化学染料が混ざっています。 化学染料が混ざったヘナなのに天然ヘナのように長い時間置くと、特に頭皮には相当影響を及ぼしますのでご注意ください...
HENNA

はじめてのヘナ 使うヘナの量は?

根元の白髪染め(タッチアップ)で50g~70gのヘナをその約3倍~3.5倍の水またはお湯で溶いてください。   私は美容師で付け慣れていることもあり、根元にヘナをたっぷり乗せても50グラムで充分です。(顔回りだけの時は25gです)しかし、...
HENNA

ロックダウンとヘナ

今年のインドの夏(4月なかばから6月頭)デリーでは例年と違って40度前後までしか上がらず45度を超える日がないので過ごしやすい(?) と思っていたけれど6月に入って湿気がでてきた39度前後の今は相当暑い。 同じ暑いと言っても暑さの体感は全...
HENNA

インドに住んでいるからこそ、分かることが多い

  インドで会社設立させて美容院経営をしている日本人美容師はインド全土で実は私一人。 私が知る限り(不法を入れると分かりませんが・・)過去に私が美容院を立ち上げてからインド全土で13軒ほど美容院ができたがどれもが長続きせず、撤退している。...
HENNA

自宅でテレワークが増えた男性もヘナはいかが!

  私は自分の髪の白髪はチャロチャロ・ヘナのソフトブラックで染めてます(ヘナ:インディゴ2:8) 理由はヘアカラーの白髪染めで頭皮がシミだしたから。シミだすとアレルギー反応が起こりやすくなるので、起こる前に止めました。   最初は置き時間...
HENNA

最高の天然トリートメントはヘナとカッシアを混ぜる

髪の毛の正常な状態は弱酸性です。しかし髪の毛が物理的ダメージ(ヘアカラーやパーマ)になってしまうとアルカリ性に傾きます。 肌や髪が最も安定する弱酸性の数値は、PH4.5〜5.5の間が正常値です。 正常値の状態だと、キューティクルも引き締ま...
HENNA

ヘナと化学薬品

  インドのマーケットではほとんど化学薬品入りのヘナが出回っています。問題なのがナチュラル・ヘナ100%と書いてあっても化学薬品が混合されています。実は日本でもそのような例があるようで残念なのですが・・・   販売している人すら知らない場...
HENNA

ヘナのニオイは

  ヘナはヘナ特有の草木のようなニオイがあります。特に臭いわけではありませんが、古くなってくると菌の繁殖によって臭みが強くなってくるので、ヘナのニオイが気になる場合があります。鮮度が高く、真空パックで保存状態がよいヘナほど水に溶かしてもニ...
HENNA

トリートメントにもヘナは最適

  天然の素材を使用して髪にトリートメントするならChaloChaloHennaではナチュラル・ヘア・トリートメントが最適です。天然素材で簡単に髪をトリートメントできるものと言えばカッシア(アワル)またはナチュラルヘナです。 色を付けたく...
HENNA

私がヘナを気に入っている理由

以前は2週間に1回はヘアカラーのダークブラウン(レベル3)で染めてましたが、どうしても染めたてから2日間くらいは頭皮もうっすらダークブラウンに染まってました。明るさレベル6=名称はメーカーによって違いますが、ブラウンやナチュラルブラウンま...
タイトルとURLをコピーしました