HENNA

HENNA

トリートメントにもヘナは最適

  天然の素材を使用して髪にトリートメントするならChaloChaloHennaではナチュラル・ヘア・トリートメントが最適です。天然素材で簡単に髪をトリートメントできるものと言えばカッシア(アワル)またはナチュラルヘナです。 色を付けたく...
HENNA

私がヘナを気に入っている理由

以前は2週間に1回はヘアカラーのダークブラウン(レベル3)で染めてましたが、どうしても染めたてから2日間くらいは頭皮もうっすらダークブラウンに染まってました。明るさレベル6=名称はメーカーによって違いますが、ブラウンやナチュラルブラウンま...
HENNA

自宅でセルフヘナで液だれ防止グッズ。

  特にインディゴを塗った時には水分がオデコや顔や首に筋に流れてくる。   これを防止する方法 ・汚れてもいいタオル1枚 ・ヘアクリップ2個 ・輪ゴム5個   塗り終わって、ヘナ(インディゴ)が乾かないようにラップで巻いてその次にヘアクリ...
HENNA

天然のオーガニックカラーで髪に染まって色が持つのはヘナとインディゴだけです

  草木染で調べてみるといろいろ出てきます。ハーブカラーもそうです。オーガニックカラーで調べるともっと出てきます。   天然の葉っぱで色がつき、そして色が長持ちするのはヘナとインディゴしかありません。 ただ厄介なのが、天然100%と書...
HENNA

白髪染めをヘナに変えたほんとの理由

  私は2~3週間に1回ヘナで白髪染めをしています。 以前はヘアカラー剤で白髪染めをしていましたが、今は私がヘナ工場と契約したオリジナル商品で白髪染めをしています。   理由は信頼できるヘナが見つかったからです。 と言うよりか、信頼できる...
HENNA

ヘナにレモン、紅茶、砂糖などなど

  いろんなジャンルでいろんな人がいろんなことを言っています。   僕は今もインドで現役美容師としてバリバリやってますが、お客様の声で今も昔も変わらないことの一つが、美容師さんによってそれぞれ言うことが違う。です。 あなたの髪質や顔だ...
HENNA

ヘナのまとめ

  お客様からヘナについてよく質問されることをまとめてみました。   髪は濡らしてからヘナを塗った方がいいですか? 髪を濡らしても乾いたままでもヘナの染まりは大きく影響しません。 基本的にどちらが塗りやすいかです。髪が太くて多いまたは長い...
HENNA

ヘナは前日に作っておくほうが良いのですか?

  ヘナナチュラルを使うときは、溶いてすぐ使うのではなく、数時間~2日くらいまで寝かせて(作り置き)すると水分にしっかりヘナの持つ色素が染み出てきます。 なのでそれを使うのがベストです。 これはナチュラルヘナ(オレンジ)だけのやり方になり...
HENNA

天然ヘナで髪を紫外線から守れる

  紫外線は夏とは言わず年中あります。例えば日中に部屋の電気を消してみて下さい。窓があれば明るいでしょ。厚手のカーテンで閉ざすとかなり暗くなります。その明るさと比例するのが紫外線だと捉えて間違いないです。 日本では一年で最も紫外線量が...
HENNA

ヘナの注意点は知っておくべきです。

ヘナは天然なので絶対安心などと思わないで下さい ●全てが安全ではない ●植物アレルギーだってある ●天然をうたっていてもケミカル混ざりもある ●簡単に染まらない ●同じ製品でも染まり方が異なることもある ●草木のニオイがする ...
タイトルとURLをコピーしました