ヘナとヘアカラー使い分け

HENNA

今も現場大好きのバリバリの現役美容師ですが、お客様からご質問を頂く内容の一つで「ヘナとヘアカラー何がどうなんですか?」って聞かれます。

 

私に聞かれるほとんどのお客様が何なりか白髪をお持ちの方ですが次の3タイプの方々です。

 

1)これからヘナまたはヘアカラーを考え中

2)現在ヘナでヘアカラーも考え中

3)現在ヘアカラーで今後ヘナも考え中

 

この3タイプに入ると思います。先ずヘナとヘアカラーの特徴をご理解して頂くと分かりやすいと思います。ここでいうヘナは化学染料ゼロの100%ナチュラルヘナのことで、ヘアカラーは普通のヘアカラー(1剤と2剤を混ぜて使うタイプ)です。

 

<良い点>

ヘナの良い点は髪や頭皮に良い(場合によっては負担が少ないと言ったほうがいい)

〇髪にハリ‣コシが出る

〇髪に自然な艶がでてサラサラになる

〇天然の成分が髪にトリートメント効果を与えしかも長持ちする

 

以上が利点ですが、次に欠点を書いていきます。このヘナの欠点がヘアカラーだと補えます

 

<欠点>

〇色味が少ない

〇髪を明るくすることはできない

〇薄い染まりになりがち

〇置き時間が長い

〇草木に独特なニオイがする

 

ヘアカラーの良い点や悪い点をあえて書きませんが、1)~3)のタイプの考え順次返答を書いていきます。

 

1)これからヘナまたはヘアカラーを考え中で白髪をお持ちの方に対してですが、

髪を明るくしたいですか?

白髪をしっかり隠したいですか?

カラーでイメージチェンジをしたいですか?

オレンジ色系は嫌いですか?

 

このどれかが優先順位1番に来るのであればヘアカラーをおススメします。

 

髪のパサつきが気になる

髪に自然な艶が欲しい

髪にハリ・コシを戻していきたい

自然の物が好き

髪や頭皮の影響を一番に考えたい

 

このどれかが優先順位1番に来るのであればヘナをおススメします。

 

 

2)の現在ヘナをされていてヘアカラーも考え中の方ですが

髪の色味や明るさを変えて気分を変えてみたい。

白髪をしっかり染めたい

 

のであればヘアカラーも良いと思います。ヘアカラーしてもまたヘナに変えられます。しかしお求めになるヘアカラーの色味についてはヘナ毛レベル(ヘナの頻度)によってお求めの色味が出にくいことはあります。またヘアカラーの仕上がりによっては直ぐにもとのヘナ毛には戻りません。何度かヘナを繰り返して頂くと可能です。

 

3)の現在ヘアカラーでヘナも考え中の方ですが、

 

ヘアカラーのように明るさの調節や色味の調節は出来ないことをご理解の上髪に自然な艶やハリ・コシを求めたいのであればヘナが良いでしょう。トリートメント感覚でヘナも使用できますのでヘアカラーを止めずヘナは取り入れられます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました