ジアミン入りのヘナの製品について

未分類

 

ジアミンとはヘアカラー剤などに入っている化学染料なのですが、ヘアカラー剤は平均30分前後の置き時間で染まるようになっていますが、逆にそれ以上長く時間を置くと髪のダメージ曲線が急にアップしていきます。なのでうっかり長く時間を置くと髪や頭皮にとても負担がかかりよりダメージにつながります。

 

そういった化学染料が天然のヘナに混ざっている製品をジアミン入りのヘナになります。一般の人が分かるように表示されていれば良いのですが、ほぼ分からないのではないでしょうか。残念ながら髪のプロの美容師さんですら知らずに使っている方が多いと聞きます。

 

このブログで何度も書いてますが、ヘナの置き時間が短い物は間違いなくジアミンが混ざっています。なぜなら、天然物は穏やかに染まっていくものなのです。

 

そして天然色素は、ナチュラルヘナとインディゴです。ナチュラル以外のラインナップは、ナチュラルとインディゴを配合させている製品です。その配合比率を変えて色味のバリエーションを作っておりますが、だいたい3種類くらいしかできません。なので天然物は色のバリエーションは少ないです。

 

ヘアカラーでカブレが出た人はヘナが安全と言っても注意してください。

 

ヘナには髪にダメージを与えるジアミン(化学染料)を含む製品があります。その含有量は一般的なヘナで2~10%前後混ざっている物が多いんですが、ヘアカラーと比較してみます。

サロン用のヘアカラーでジアミンが5%前後、ホームカラーで10%前後含まれています。

恐ろしいでしょ。ヘナは天然と思って使っていてもヘアカラーと同等の化学染料が混ざった製品も多いんです。

天然のヘナであろうとジアミンかぶれの方が使用する場合でもパッチテストはした方がいいですね。

天然であろうが、化粧品であろうが完全に安全というものはありません。

 

 

ジアミン入りヘナの製品は

 

ジアミン入りヘナは、雑貨あつかいになるので理容室や美容室でお客さんに使ってはダメです。

雑貨扱いで販売はできますが、人体に使用は不可です。

サロン側もお客様側もご注意下さい。

 

タイトルとURLをコピーしました